子供のころに悩んだ自分のわきが体験

理解されなくてもニオイ対策してた

高校時代に入り、体育会系の部活を始めたのですが、その頃から自分でも気づくほどの臭いを感じるようになりました。
とくに暑い日や、たくさん運動した日には自分でも感じるほどの「ツーン」とした臭いがあり、周りからも色々いわれました。
ただ救いだったのが、部活内の先輩にもわきがの人がおり、しかもその先輩がかなりの強面の人。
お陰で、周りも自分のことを大々的にはいじることができず、どんなに臭くてもそれほどきつく言われることもありませんでした。
周りからの指摘は少ないとはいえ、高校生ともなると女子の目が気になり始めます。
すでに自分はかなり臭いという自覚があったので、なんとかできないものかと色々と試しました。
中でも効果が高かったのは汗を抑えるスプレーを使ったこと。
これでだいぶ臭いをおさえることができ、学校生活に支障はなくなりました。
ただこの頃は臭いをかなり意識していたため、臭くないか心配で心配で数分に1回はスプレーを使っていました。
授業以外では常にスプレーを使っているような状態です。
家のガスの元栓を閉め忘れたか心配で何回も確認してしまう人などがいますが、自分もあれのスプレーバージョンといった感じで、常に臭いがないか不安でたまらない時期でした。
スプレーも1日で1本使い切るような状態だったので、親から無駄遣いするなと散々いわれたことを覚えています。
当時の自分にとっては死活問題だったんですけどね。

クラスメイトの心ない言葉で… | 理解されなくてもニオイ対策してた | 手術すると別のところが汗かきになる

子供 わきが / ニオイNAVI